×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

退職の挨拶文

退職願は、実務的に必要な書類の一つなので、ある程度の形式を意識する必要もありますが、退職の挨拶文にとって大切なのは、送る側の気持ちです。退職挨拶文を書くことの重要性は今さらながら大切なことでしょう、そこで挨拶文としての退職挨拶文の書き方ならびに退職挨拶の文書を紹介したいと思います。従来と少し様変わりしたと言えば手紙や葉書での退職挨拶がメールでも多くなったことですね。いずれにせよお世話になった方々の退職挨拶文をしっかり考えてください。大切なのは「退職をした事実(日付があるとわかりやすい)」、「在職中お世話になったことのお礼」、「今後ともよろしくお願いします」と添えて「連絡先」(転職先が決まっていれば転職先を、まだ決まっていない場合は、自宅の連絡先)を書いておくことです。

退職挨拶文書の書き方

1,退職の月日を「○月○○日付けで」のように退職・辞任の月日を示すことも必要 2,在職年数を入れる−何年勤務したか、その年数も入れることにより、お世話になった気持を表しましょう。 3、在職中の温情に感謝する文面も必ず入れてください。 4、将来の計画も入れてはいかがでしょう、退職後、新しい職場に入るのか、何か仕事でも始めるのか、家業を継ぐのか、はたまた趣味や研究でも行うのか、将来の生活について決まっていれば書いてもいいですし、また決まっていなくても希望として考えていることがあれば書いてもいいですね。また定年退職の挨拶は寂しく暗いイメージがありますが明るく新しい人生を踏み出す気持で書きましょう、またしっかりと後任者が決まっていれば紹介することは重要ですね。下記のサイトに多数の退職挨拶文の文例がありますので是非参考にしてください。

退職挨拶文を書くポイント

退職挨拶文は、会社・官公庁その他の勤めを退職したときに、在職中にお世話になったことを感謝し、今後のスムーズなお付き合いを願うためです。退職挨拶文を書くポイントとして、1,退職・辞職の事実をはっきり伝える 2,これまでにお世話になった好意や指導に対する感謝を述べる。 3、後任者を紹介し、自分同様な厚誼をお願いする。 4、退職後の生活や仕事にも触れ、今後の厚誼をお願いする、また退職挨拶が、定年退職での挨拶かそれとも中途退職かで少し表現に違いが出てきますね、それとこのように退職者から在職者への退職挨拶もありますが、在職者から退職者への挨拶文の書き方も重要です、今までお世話になった先輩を労う優しい挨拶文を考えてくださいね。そして昨今ネットの普及からメールでの挨拶文も多くなりましたが、退職挨拶の書き方の基本は同じです、心を込めた退職挨拶の文書にしてください。

Copyright © 2007 - 退職挨拶文の書き方講座